この記事をシェアする

投稿日:2015年09月29日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。睡眠時無呼吸症候群の治療には、その程度によっていくつかの方法がありますが、健康保険の適用となる治療方法がCPAP治療と呼ばれるものです。治療を受けることで、睡眠の質を高めることが出来ます。

治療前には検査が行なわれます

しっかりと寝ているのに、疲れが取れない、大きないびきを指摘される事がある、夜間何度もトイレに起きるなどの症状が見られる場合には、睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。大場内科クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群に対する診療を行っています。
CPAP治療の対象となるか否かは、自宅で行うことが出来る簡易検査の結果、クリニックに入院して行なわれる検査の結果を受けて、総合的に判断されます。なお、大場内科クリニックには、入院設備がないため、入院をしての検査については提携医療機関で受けることになります。
CPAP治療では、適切に使用することが出来るかどうかや合併症の有無を確認するためにも1ヶ月に1回の頻度で通院をする必要があります。

CPAP治療は全ての人が対象となるわけではありません。神奈川県相模原市にある大場内科クリニックでは、それぞれの症状や状態を確認し、一人ひとりに合った治療の提案を行っています。

この記事をシェアする