この記事をシェアする

投稿日:2015年09月11日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。大場内科クリニックの立地や医院の地域での役割、気軽に相談できる医院、呼吸科の治療事例、気管支喘息の症状、治療方法、気管支喘息の危険性、など医院の内容を紹介します。

気管支喘息は早めの受信が大切です

当医院は相模原駅と徒歩1分と駅に近く紹介状なしでも気軽に立ち寄ることができます。地域密着型の家族みんなの係りつけ医として地域医療を支えています。当院での傾向として気管支喘息の診療が多くなっています。夜間・早朝せきで目覚めてゼーゼーしたり、息苦しかったりした場合は気管支喘息の可能性が高いはずです。喘息の人の気道が症状がない時でも常に炎症を起こしており、健康な人に比べて気道が狭くなって空気が通りにくくなっています。当院での治療はおもにステロイドを使用します。気管支炎拡張薬や抗アレルギー薬を併用することがあります。治療方法は個人個人で異なり相談しながら最善の治療をおこないます。気管支喘息の診療しないで放置して呼吸困難が進行する方がいます。症状が重くならないうちに早めの受診することが最も大切です。そして気になる症状がある方は気軽に相談してください。検査や治療の手順を一つ一つ懇切丁寧に説明をしています。

大場内科クリニックでは気管支喘息の治療を行っています。一番重要なことは気管支喘息の診療を早めに受診することです。そして少しでも不安があった場合は相談してください。検査や治療の手順を一つ一つ懇切丁寧に説明をしています。

この記事をシェアする