この記事をシェアする

投稿日:2015年09月11日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。超音波検査を受けたことがあるでしょうか。よく医療ドラマで出てくるエコー検査と呼ばれるものです。これを行うことで簡単に病気を見つけることが出来ます。

とても簡単な超音波検査

超音波検査は非常に簡単です。ものの10~20分程度で終わってしまいます。方法は、調べたい部分にゼリーを塗って機械を当てていきます。その機械から超音波を発生させて反射した波を受信することでその部分が今どのようになっているのかを調べることができます。異常な箇所がある場合、通常の場合と組織の構造が異なるので、簡単に異常を特定できます。しかも、それだけでなく大きさやどのくらいの深さまで到達しているのかということもこの調査でわかります。多くの場合、肝臓や腎臓、膀胱などを調べるために使いますが、最近では胃や腸などといったところも調べることが出来るようになりました。よく検査をすると、放射線の影響を心配される方がいらっしゃいますが、超音波検査の場合、そのような心配はありません。

超音波検査は痛みがなく誰でも簡単に行える検査方法です。これを行うことで、肝臓がんや肝硬変、胆石などといった病気の特定につながります。気になる方は早めの予約をお願いします。

この記事をシェアする