この記事をシェアする

投稿日:2015年09月07日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。胃腸などの消火器は精神面の影響も受けやすいために、内部を検査しただけでは胃痛などの原因が特定できない事も珍しくありません。だからこそ当クリニックでは、精神的なトラブルを抱えていないか問診なども時間をかけて行っています。

精神面から来る胃腸のトラブルを改善

他のクリニックなどで胃腸の検査をしても、胃の不快感や痛みの原因が分からなかった時には、当クリニックで診療を受けてみてください。胃カメラなどでも不快感や痛みの原因が特定しにくい、機能性ディスペプシアという病気を見分けるための知識も豊富な医師が待っています。
服薬状況だけでなく暴飲暴食やストレスのチェックも行いながら、機能性ディスペプシア独特の症状の出方を確認する事になります。他の病気と見分けるために、ある程度は検査に時間が必要になる病気ではありますが、それでも根気強く検査を続ける事が重要です。
機能性ディスペプシアの治療を進める際には、抗不安薬なども使われている事が多く、精神面のトラブルを解決しながら治療を進める必要があります。もし胃潰瘍なども併発しているようであれば、そちらの治療も同時に進める事になります。

かかりつけ医として大場内科クリニックを選んでくだされば、機能性ディスペプシアの治療のために、精神面のサポートもいたします。一人で胃痛と戦い続けている事も、症状を悪化させる原因になるので注意をしてください。

この記事をシェアする