この記事をシェアする

投稿日:2015年09月01日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病を患っている人にとって重要なのは悪化させないということです。糖尿病が怖い本当の理由は、糖尿病の合併症にあると言われています。

糖尿病の合併症について

糖尿病の合併症には、急性合併症と慢性合併症があります。急性の症状の中には糖尿病昏睡があります。慢性合併症として糖尿病網膜症、腎症、神経障害が挙げられます。治療がうまくいっていないことや、途中でやめてしまうとこれらの合併症のリスクが高まってしまいますので注意しましょう。特に、糖尿病網膜症は患者の15~30%であり、失明原因の第2位とまで言われているのです。腎症を患ってしまうと、場合によっては透析が必要となることもあります。男性が神経障害を合併してしまうと、勃起障害に悩まされてしまうこともあるのです。糖尿病はその病気よりも合併症の方が怖いとまで言われていますので、血糖コントロールをしっかり行うことが何より大切です。予防の為にも定期的な検診を受けることをおすすめします。

糖尿病を患っている方は、合併症に注意してください。変化に気付いたらすぐに診療してもらいましょう。合併症を避けるには、血糖コントロールをしっかり行うことが大切です。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする