この記事をシェアする

投稿日:2015年08月22日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。気管支喘息は、気管支に炎症ができてしまい、普通の人に比べて気道が狭くなっている状態です。放置しておくと呼吸困難に陥ってしまう可能性があります。今回は、気管支喘息について詳しく説明します。

気管支喘息の原因や検査、治療法

当院では、気管支喘息の診療を行なっています。心当たりのある方は早めの受診をお勧めします。
気管支喘息は、大人にも子供にも多い病気で、日本人は約400万人の患者がいます。
その要因は、生活習慣や生活環境に大きく関わっています。生活習慣については、タバコの煙に気管支が晒されることで炎症が起こります。生活環境については、排気ガスや住宅建材に使用されている塗料、ホコリ、冷たい空気などが要因となります。
当院での、気管支喘息の診療では、高級機機能検査や気道過敏性試験、血液検査、皮膚反応テスト、胸部レントゲン検査などを行います。
治療方法としては、炎症を抑えるために吸入ステロイド薬を使用します。また、生活習慣や生活環境の改善についてもアドバイスを行います。

呼吸器喘息は多くの日本人が悩む疾患です。その原因としてや生活習慣や生活環境に関わってきます。呼吸器喘息の要因をはっきりさせ正しく治療するためには、医療機関への受診がお勧めです。

この記事をシェアする