この記事をシェアする

投稿日:2016年05月11日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病の患者数は予備軍も含めて年々増え続けています。実際ご自身やご家族、そして周りの方に糖尿病を患っておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

糖尿病のかかりつけ医の必要性

あなたはご自身のかかりつけ医をお持ちですか。
実際糖尿病と診断された時にも、かかりつけ医がいる事でより安心に、スムーズに治療を進める事ができます。
糖尿病により血管がもろくなる事で、様々な合併症が生じてきます。有名なところでは、糖尿病性の網膜症、腎症、末梢神経障害です。これらの合併症に対しては糖尿病自体の治療はもちろん、それぞれの疾患に対し専門医に相談する事が必要です。
しかし専門医へ受診を行おうとしても、どこを受診すれば良いかわからない、実際に行っても紹介無しには受け付けてもらえない、受け付けてもらっても長時間待たされてしまう、などという問題が生じてしまいます。
しかしかかりつけ医を持っていると、その状態に合った専門医への紹介や、専門医と連携を取りながらあなたに寄り添った治療を提供する事が可能となるのです。

糖尿病には様々な角度からのフォローが必要です。患者様によって症状だけでなく、生活ももちろん違ってきます。一人一人に合った治療を行っていくためにも、糖尿病のかかりつけ医は必要と言えます。あなたが選ぶ、あなたに合ったかかりつけ医を是非見つけて下さい。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする