この記事をシェアする

投稿日:2016年05月20日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。緊張などをすると心臓がドキドキするといった経験は誰でもあると思います。しかし何もしていないのに急に心臓がドキドキしてしまう動悸は病気かもしれないので注意が必要です。

動悸が起こる病気とは

心臓が急にドキドキしてしまう動悸が良く起こる場合は、まず心臓の病気が疑われます。不整脈や狭心症、心筋梗塞など命にかかわる場合もあるので、早めの受診が重要になります。検査などを受けて動悸の診療を受け、原因を突き止めるようにしましょう。また心臓の病気ではなくてストレスなど精神的なことが原因で起こる場合もあります。特に心臓が悪いのではと不安になって、ストレスがたまってしまいさらにひどくなってしまうというケースもあるので注意しましょう。
その他にも貧血で起こる場合や更年期障害、低血糖症など動悸が起こる原因はいろいろあるので、まずは早めの受診をして動悸の診療を受けることが大切です。
動悸がひどくなると心配になってしまい、うつ病などにもなってしまう可能性もあるので早めの受診をしましょう。

動悸の診療などを受ける場合には、かかりつけ医のようないつもすぐに診てもらうことができるクリニックを作っておくことが大切になります。早めの受信ができる病院を作っておきましょう。

この記事をシェアする