この記事をシェアする

投稿日:2016年05月28日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。花粉症の方にとって、春・秋は辛い季節ですね。花粉症ではなかったけれど、鼻がぐずつく、目がかゆいなどの症状が出始めたなと思われた方、風邪ではなく花粉症にかかった可能性がありますよ。

花粉症は長くお付き合いするアレルギー症状

花粉症は風邪などの一過性の病気ではなく、アレルギー反応が引き起こす症状です。もっとも代表的なのがスギ花粉ですが、雑草の花粉にも反応を示す方もいらっしゃいます。いくつかの花粉に反応されるかたでは、早春から秋の終わりまでずっと風邪に似た症状に悩まされ続ける場合もあります。花粉症の恐ろしいところは、ただ鼻水が止まらない、目のかゆみがある、目が充血するだけではなく、その症状が原因で仕事や家事に集中できなくなったり、睡眠が阻害されたりすることです。
症状が出たら早めの受診がおすすめです。花粉症の診療を受けることで症状を落ち着かせる薬が処方できるので、薬を飲んでいつも通りに生活することができるようになります。また花粉症の診療でアレルゲンも特定できるので、予防などにも効果的です。

一度花粉症にかかると一生アレルギー反応が出ます。そのままにしておくとなかなか辛い症状です。早めの受診で花粉症や自分のアレルギー反応の出方を知って、毎日の体調管理に役立てましょう。

この記事をシェアする