この記事をシェアする

投稿日:2016年05月31日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。皆さんは脂質異常症という言葉を耳にしたことがありますか?多くの方が聞き慣れないとおもいます。しかし、実際はとても身近なことなのです。今回は身近な脂質異常症ついてお話します。

脂質異常症の原因とは

まず、脂質異常症について説明します。
悪玉のLDLコレステロールや血液中の中性脂肪が必要以上に増える状態、または善玉のLDLコレステロールが減った状態のことです。
年々患者の数は増えており、その原因は食事の欧米化や運動不足が関係していると考えられています。
脂質異常症だけでは特別な症状はでませんが、動脈硬化につながります。
そこから心筋梗塞や脳梗塞といった心臓や脳の病気の原因となる危険があります。
診断方法としては、血液検査で血中のコレステロール値や中性脂肪の値を調べ、基準値と比べて診断します。
健康診断で血液検査をして異常があるのにそのままにしていませんか?。
こわい病気の原因となりうるので、脂質異常症の診療は非常に重要になります。必ず早めの受診を心がけてください。

重大な病気につながる脂質異常症ですが非常に身近で自分自身の症状としては気づきにくいことをご理解いただけたでしょうか?脂質異常症の診療がこの先の健康に非常に関わりの深いものとなっています。早めの受診をオススメします。

この記事をシェアする