この記事をシェアする

投稿日:2016年05月31日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病は現在では非常に多くの方がかかる病気の1つです。軽度であれば自覚症状もなく発見が遅れれば様々な病気の引き金になる恐ろしい存在です。

糖尿病の原因となるものには

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンの量が少ない場合や効果が十分に発揮されない場合に発症します。インスリンの機能が発揮されなければ血糖値を下げる事が出来ず、血中にブドウ糖が溢れる事になります。糖尿病の原因となるものは、炭水化物や糖質の過剰摂取、肥満、まとめ食い、運動不足そして遺伝的な要素もあります。炭水化物は消化された時に糖質へと変化しお菓子・ケーキ・ジュースは大量の糖質が入っており、血糖値を一気に上昇させ膵臓に負担をかけます。これらを食べる事に問題はありませんが少量に控える事が大事です。肥満の方は、大量のインスリンを必要とし膵臓への負担も大きくなります。運動不足は確実に血糖値を上昇させます。筋肉の栄養源は糖質と脂質で、体を動かす際は糖質を優先的に使用します。

診療で血糖値が高めの方は、早めに治療を行い同時に食事内容の見直しと運動を取り入れる事が重要となります。糖尿病は、心がけ次第では確実に改善の方向へ向かう病気です。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする