この記事をシェアする

こんにちは、大場内科クリニックです。夜間や早朝のせきで目覚めてしまう、ゼーゼーする、息苦しいなどの症状でお悩みの方はいらっしゃいませんか。もしかしたら気管支喘息かもしれません。当院では、気管支喘息の診療も行っていますので、早めの受診をおすすめします。

相模原市中央区で胸が痛い息苦しい症状の原因を検査する

 

気管支喘息の治療について

気管支喘息は子供の頃に発症する病気だと思っている方も多いかもしれませんが、実は成人してからも、高齢になってからも発症する病気です。これまで気管支喘息との診断されたことがなくても、せきや息苦しさを感じることがありましたら、一度、当院にて気管支喘息の診療を受けてみてはいかがでしょう。気管支喘息の治療には、主に、吸入ステロイドを使用し、必要に応じて、気管支拡張薬や抗アレルギー薬なども使用します。当院では、一人ひとりの症状に応じた治療法を提案しております。また、気管支喘息には継続した治療とともに、日常的な管理も必要となりますが、当院ではピークフロー値を測定することによる管理を提案しています。通院されている方を対象として、ピークフロー値を測るピークフローメーターも販売しております。

気管支喘息を治療せずにそのまま放置しておくと、場合によっては、呼吸困難になってしまうこともありますので、早めに受診することが大切だと言えます。気管支喘息の診療でしたら、当院にご相談ください。

この記事をシェアする