この記事をシェアする

投稿日:2016年07月20日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病という名前の病気があることは、多くの方がご存知のことでしょう。しかし、怖い病気で、治ることはないという程度の知識が一般的です。そのため、発症しないための方法や、発症してしまった後の対策をご存じの方は少ないのではないでしょうか。

糖尿病の原因は大きく分けると2つです

糖尿病は、1型と2型に分類されています。1型は、もともと遺伝的な体質によって、糖尿病になりやすい性質を生まれながらに受け継いでおり、特別なことをしなくても、子供でも発症してしまうタイプのものです。また、2型は、なりやすい体質を保持しているうえに、生活習慣の乱れなどによって発症することが多く、運動不足での肥満体質に代表されます。つまり前者は、膵臓で作られるインスリンの量が決定的に少ないため、若年での発症が多く、足りない分のインスリンを人工的に補ってやらなければ、低血糖を起こして重大な事態に陥ってしまい、すぐさま命にも関わります。しかし、後者は、インスリン注射や、薬剤によって状態を安定させ、食生活を改善し、運動不足の解消などによって治すことが可能だということなのです。

2型糖尿病は、喉が渇くなどの症状によって気づくことが多く、肥満などの糖尿病の原因を改善すれば、健康を維持することが可能です。専門医の診療を受けるとともに、適切な治療で改善します。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする