この記事をシェアする

こんにちは、大場内科クリニックです。地域の皆様に安心を届けるクリニックです。気管支喘息の診療は早めの受診が大事です。治療には主に吸入ステロイドを使います。発作や息苦しさがないようにする治療です。

相模原市中央区で胸が痛い息苦しい症状の原因を検査する

気管支喘息は成人になってから発症する事も

夜間・早朝にせきで目覚める、喘鳴(ぜーぜーする)、息苦しいなどの症状は、もしかしたら気管支喘息かもしれません。気管支喘息の診療は早めが望ましく、発作を起こしてから行うのではなく、出来れば発作を起こさないように普段から予防治療を行うことが必要なのです。予防薬で、発作のない時でもきちんと内服(吸入)を続けることが大切なのです。
長引くせきなどの症状がある時は早めに受診をして下さい。
気管支喘息などの呼吸器疾患のある方は、定期的に検査を受ける事が大切です。
またマウスピースを通して受ける事の出来る、痛みのない呼吸機能検査などがあります。
更に、当院で診療を受けたことのある患者さんならば、オンライン診察で忙しく来院出来ない場合でも診察が受けられ、処方箋をご自宅まで郵送する事も可能です。また、診察の際の予約もオンラインで受け付けています。

当院は、相模原駅から徒歩1分の場所にあり、バスロータリーやタクシー乗り場からも近いため、通院しやすくなっています。かかりつけ医として丁寧な診療を心掛けています。

この記事をシェアする