この記事をシェアする

投稿日:2016年08月09日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。睡眠時無呼吸症候群には種類が2つあり、のどや気道がふさがってしまう閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)と脳からの呼吸指令が出なくなる中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)です。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群とは

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)とは、眠っている間に何らかの原因で上気道のスペースが狭くなってしまい呼吸が止まってしまいます。原因としては、首、喉周りの脂肪沈着や扁桃肥大、舌や軟口蓋などによる喉・上気道の狭窄といったものがあります。
症状としては眠っているときのいびきがあり、眠っている間に呼吸が止まることで体がしっかりと休息を取ることができないことによる日中の眠気や集中力低下があります。これらの症状が悪化すると、仕事に集中できないばかりか居眠り運転、労働災害にもつながってしまいます。さらに、空気が肺に入ってこない状態で息を吸い込もうとすると心臓に大きな負担がかかるようになります。心臓に負担がかかることで心血管病のリスクを上げると考えられています。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)は体の負担が大きく、日常生活にも影響を及ぼすため治療が必要です。症状に応じて日常生活を改善する、CPAP療法が主に行われます。

この記事をシェアする