この記事をシェアする

投稿日:2016年08月19日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。高血圧などは生活習慣病と呼ばれています。これが引き金になって重篤な病気にかかってしまうこともありますので、定期的な検査が必要です。

重篤な病気になる前に

高血圧は定期的な健診を受けることで、安定化させることができます。心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなっていますので、血圧の管理をしっかりすることで自分や家族にも安心を与えることができます。大場内科クリニックでは血圧の定期的な診療を行うことで、この重篤な病気の予防を図っています。すでに血圧が高ければ降圧剤を処方して、血圧を適切に管理していきます。早めの受診を行っておくことで、しっかりと血圧の管理を行うことができます。
大場内科クリニックでは高血圧の診療のほかに、メタボリック症候群などの生活習慣病の診療も行っています。予防についてもしっかりと説明を行っています。重大な病気が発症する前に大場内科クリニックで早め早めの受診を、行ってください。そして家族のかかりつけ医として利用をしてください。

生活習慣病は時には重篤な病気の原因になってしまいます。大きな病気にかからないためにも、しっかりと管理をしなければなりません。大場内科クリニックでは、高血圧やメタボリックシンドロームなど生活習慣病の診療も行っています。

この記事をシェアする