この記事をシェアする

投稿日:2016年08月22日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。サラリーマンの人の場合、会社は従業員の健康状態を維持する目的で1年に1度の割合で健康診断を受診させる義務があります。健康診断で再検査(要精査)になった場合には早めの受診を受ける事が大切です。

健康診断で再検査(要精査)になった時

当クリニックでは企業からの要請による健康診断を受診する事が可能です。
健康診断は生活習慣病の予防や病気の早期発見などの目的があり、サラリーマンなどの場合は1年に1度の割合で受診する事が義務付けられています。
また、この義務付けは健康診断を受診する人だけではなく、従業員を雇用する企業に対する義務付けもあります。
健康診断は年齢による検査項目の違い、オプション検査による精密検査などがあるのが特徴です。
例えば、女性の場合では乳がんや子宮がん検診がオプションで用意してあるので健康診断を受診する時にオプションを選べば女性特有のがん検診を受診する事が出来ます。
健康診断で再検査(要精査)の判定が下された場合は早めの受診を受ける、必要に応じて治療を受ける事が大切です。

健康診断を検査専門の病院で受診している場合には、再検査の判定が下された場合には治療を受ける病院で検査および治療を受ける必要がありますが、大場内科クリニックの場合は検査だけではなく再検査や治療も可能にしています。

この記事をシェアする