この記事をシェアする

投稿日:2016年08月28日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。新たに就職する際は雇用主は労働者に対して健康診断を受けさせる義務がありますし、労働者も受ける義務があります。大場内科クリニックは雇入時健康診断も行っております。

一般的な雇入時健康診断は13項目です。

よく受ける質問は検査の項目数について「”最も一般的なもの”、”一番簡単なもの”」ですが、大場内科クリニックにおきましては労働安全衛生法(則第43条、則第44条)で定められている雇い入れ時健康診断の項目(13項目)となっております。
健康診断にかかる時間はそのときどきの込み具合にもよりますが、おおよそ1時間~2時間くらいで、結果をお渡しできるのは翌診療日午前中となっています。検査項目をご紹介しますと、問診と診察のほかに一般計測として血圧、脈拍、身長・体重・BMI、腹囲、視力・聴力を検査し、尿検査では糖・蛋白・潜血・ウロビリノーゲンの検査、血液検査では貧血や脂質、肝機能、糖検査を行い、心電図、胸部エックス線の検査を行います。
これらの健康診断にかかる時間が約1時間~2時間ということになります。

意外と意識している人は少ないのですが、就職に際して健康診断は重要なことです。雇用主にとりましてもリスクと関係してきますし、労働者におきましても自分の健康について把握することは大切です。健康診断は人生にとっても重要な節めと考えるのが賢明です。

この記事をシェアする