この記事をシェアする

投稿日:2016年09月07日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。突然ですが、あなたにはかかりつけ医はいますか?今、日本の医療制度では初期医療はクリニックに、高度な医療はかかりつけ医からの紹介状を持って病院を受診するような体制になっています。そこで、今回は消化器科のかかりつけ医について考えます。

かかりつけ医をあなたが選ぶ場合のポイント

もし、あなたが、消化器科のかかりつけ医をお探しなら、どういうところに気をつけたらいいかですが、まず消化器だけでなく、内科全般に精通していることが挙げられます。かかりつけ医に求められるのは初期医療ですから、風邪を引いたときやなんとなく体調が悪いときなど、消化器に限らず、広く診てもらえることが大切です。次に消化器関連の検査ができる設備があることです。もちろん、CTや内視鏡など高度な設備があればあったにこしたことはありませんが、最低でも院内で尿検査、血液検査、超音波検査ができる環境があるといいでしょう。そして、高度な医療が必要となったときに速やかに紹介できるかどうかも大切なポイントの一つです。そのほか通院しやすい環境であるかどうかも重要です。利用しやすいところにあってこそ、意味があります。

いかがですか?当院の場合、消化器以外の疾患にも対応していますし、最低限の検査設備も整っています。また、オンライン診療も取り入れ通院しやすい環境づくりをしています。もし、当院の近くにお住まいであれば、一度検討してみてください。

この記事をシェアする