この記事をシェアする

こんにちは、大場内科クリニックです。季節の変わり目に「なんだか風邪が長引くな」というときありませんか?「せきがなかなか止まらないな」「ちょっと息苦しいなあ」そんな症状がある場合はただの風邪ではなく気管支になにかトラブルがある場合が多いです。ただの風邪と思わずに早めに受診した方がいい症状かもしれません。

相模原市中央区で胸が痛い息苦しい症状の原因を検査する

その症状、気管支喘息かもしれません。

喘息と聞いて子どもの病気と感じる方も多いようです。子どもの頃に診断されていないと、風邪の症状だと思いしばらく様子を見る方も多いように感じます。しかし、以下の症状がある場合は風邪だと甘く思わずに早めの受診をお勧めします。
・せきが長引く。
・息苦しい。
・痰が絡む。
・息を吐くときゼーゼーと音が鳴る。このような症状は気管支がアレルギー反応を起こした気管支喘息の可能性が考えられます。
気管支が慢性的な炎症を起こして狭くなっているため、気管支を拡張させる薬を利用する必要があります。
気管支喘息は風邪やストレス、アレルギー症状(花粉、カビ、ハウスダストなど)や運動など、引き金になる要素は人によって様々ですが、特にアレルギーによって起こる場合が多いために季節の変わり目に花粉や衣替えなどで発作を起こす人が多いようです。

気管支喘息は気管支の炎症なので風邪薬では治りません。気管支が狭まっていると呼吸がしにくくなり倦怠感を常に感じる状態になります。早めの受診で症状にあった薬の処方が有効です。また、同じ環境条件で再発もあるので、早めの受診で診断を受けることは治療だけでなく今後の予防や再発時のケアにもつながります。

この記事をシェアする