この記事をシェアする

投稿日:2016年09月13日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。日本人の多くを悩ませている生活習慣病は、高血圧や脂質異常、糖尿病などがあります。これらは自覚症状が乏しいために気づかない間に進行するリスクもあり、突然命に関わる症状に陥る場合もあります。生活習慣病の診療は早めの受診を行うことが大切になるのです。

生活習慣病に悩まされない為には

喫煙や飲酒習慣、偏食や運動不足、あるいはストレスなどの生活習慣が原因で発症するこれらの疾患は、その名の通りに日々の生活習慣に起因している事が多い症状のために、適切な治療と合わせて日常生活の改善が欠かせません。忙しい日々を過ごしていると、自覚症状が強く出ないと病院への受診はためらう人も少なくありません。命に関わる症状が出る前に早めの受診を心がけて、生活習慣病の診療を行う意識が大切なのです。
日本人の健康を脅かしている生活習慣病の診察を行うためには、自分の健康状態を一番把握をしているかかりつけ医で定期的に診察や検査を行うことによって、検査数値や診察から体に潜んでいる病気のリスクを早期に発見することが出来ます。内科や循環器をはじめ様々な部分が関係している為に、総合的に身体状況を把握できて、専門的に診察を受けられる環境が大切になります。

大場内科クリニックは、相模原駅徒歩1分と立地も便利で、内科を中心に呼吸器内科、循環器内科、消化器内科など幅広い診察だけで無く、禁煙外来やメタボリックシンドロームなどの専門外来も併設されています。不安を解消する丁寧な診察と説明で、生活習慣病の診察も総合的に安心して受けることが出来ます。

この記事をシェアする