この記事をシェアする

投稿日:2016年09月16日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。当クリニックは中学生以上を診療対象とし、家族全員のかかりつけ医になれるように日々取り組んでおります。最近、気になる症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

その症状、気管支炎ではありませんか?

気管支炎の診療は早めの受診が大切です。気管支炎には慢性と急性の2つがあり、急性気管支炎は慢性気管支炎と比べると重症度が高い傾向にありますが、一過性のもので治癒する可能性が高い病気でもあります。初期症状は風邪の症状から入ることが多く、病原菌やウイルスによる原因が主となります。
慢性気管支炎は明確な原因が分からずにせきや痰が長く続く症状を指します。急性気管支炎と比べると炎症自体は軽度ですが、炎症の部位が喉の奥にあるケースが多く、治療が長引きやすいといった特徴が見られます。いずれにせよ早めの受診で治療期間が短くなる場合が多いため、体調に違和感を感じたときは自己判断をせずになるべく早く医療機関を受診することをおすすめします。また、風邪を放っておくことで気管支炎になる場合があるので早めにケアするようにしましょう。

当クリニックでは気管支炎の診療をはじめ、地域の皆様が安心して生活できるために日々診療に取り組んでおります。かかりつけ医を持つ事で体調の変化を把握しやすいというメリットもありますのでお気軽にご利用ください。

この記事をシェアする