この記事をシェアする

投稿日:2016年09月23日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。「なんとなく身体がだるくて熱もありそう、風邪かな」と思ったら早めに病院で治療を受けましょう。風邪は万病のもと、インフルエンザの場合も考えて早めの受診をおすすめします。

風邪の診療は、お早めに

風邪かなと思っても、なかなか病院へ行く時間が取れずにそのままになってしまうものです。でも、風邪の診療は、早めの処置で長引かずに済みます。
のどの痛みや鼻水、発熱など風邪の症状かとおもったら、大場内科クリニックにお越しください。
適切な治療と服薬のアドバイスを受けることで、早めの回復がはかれます。その後、十分な休養を取り、しっかりと体を休ませてやることで風邪の症状はおさまるでしょう。
自己判断で、間違った市販の薬を飲んで体調を悪化させるより、早めに専門機関にかかることで適切な対応が取れ安心できます。
大場内科クリニックでは、籍の症状が強く、3日以上37.2℃以上の発熱が続く場合、風邪ではないかもしれないと判断し、血液検査、胸部エックス線検査、インフルエンザウィルスチェックなどをおすすめしています。

風邪だろうと簡単に考えて、そのまま放っておかないで風邪の初期段階でも受診することをおすすめします。インフルエンザなどの流行する季節には、特に早めの受診が大切です。

この記事をシェアする