この記事をシェアする

投稿日:2016年09月25日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。生活習慣と糖尿病には、深いつながりがあります。何気なく過ごしている日常生活にも、糖尿病になる可能性がある行動が潜んでいるかも知れません。

様々な生活習慣病と糖尿病

糖尿病には何種類かがあります。その中でも、2型糖尿病は、生活習慣病とされています。糖尿病の症状が出た時には、すでに症状が進行してしまっていることが多いです。きちんとした診療と治療をおこなえば、完治とまではいかなくても、ある程度までは、症状を改善することが可能です。2型糖尿病の原因ははっきりしておらず、遺伝や体質、日常的な食習慣、運動不足、肥満、ストレスなどの様々な要因が重なって発症するといわれています。そのため、予防や改善のために、日常生活全般を見直す必要が大切でしょう。糖尿病を発症しても、注射をせず、飲み薬だけで日常生活を送ることができるようにもなるので、希望が持てる病気ともいえるのではないでしょうか。2型糖尿病に罹ったといって悲観するのではなく、今までの生活を見直すチャンスと考えるといいでしょう。

様々な生活習慣病と糖尿病は、生活習慣が発症原因に深く関わっています。そのため、誰にとっても身近な病気といえるでしょう。他人事を考えるのではなく、今日からでも生活習慣の改善をするといいでしょう。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする