この記事をシェアする

投稿日:2016年10月07日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。生活習慣病と糖尿病は関係しており、生活習慣病とされているのは2型糖尿病の事をいいます。主な原因はいまだにはっきりとはしておらず、遺伝体質や生活習慣の乱れ、運動不足や肥満など様々な要因が重なって発症することがほとんどです。

糖尿病の主な症状と改善方法

生活習慣病と糖尿病から発症するタイプの症状としては、のどの渇き、多尿、多食、体重減少など様々な症状が現れ、尿に糖が多量排出されるため甘い匂いで糖尿病と疑い診療するきっかけになる人が多いです。主に血糖値やグリコヘモグロビン、尿検査や眼底検査など様々な検査を行い生活習慣病による糖尿病なのかを詳しく診断していきます。その後症状によっては過食や肥満、運動不足などの生活習慣の乱れは食事療法などで改善できるよう医師から指導され血糖値を下げていきますが、状態が重い人はこういった生活習慣だけでは改善が難しいためインスリン分泌を刺激する薬剤などを処方してブドウ糖の吸収を遅らせていきます。早めに気が付ければ薬剤による治療も必要ないため早めに受診して医師からの指導を受けて取り組むと良いです。

このように、少しでもいつもと体調が違う、ちょっとした変化があった場合には早めに病院に行き検査をすることが早期改善につながります。糖尿病だったとしても早めに処置すれば生活習慣の見直しだけで改善することができます。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする