この記事をシェアする

投稿日:2016年10月20日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。大いびきして時々呼吸が止まる人は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。大場内科クリニックでは睡眠時無呼吸症候群外来を設けて、患者さんの診察を行っています。意外と知られていないこの病気の症状や改善方法を紹介します。

いびきは自分では分かりません

当院は駅から徒歩1分で待ち時間に外出ができます。気軽に立ち寄れる地域のかかりつけ医です。大場クリニックの特長は、意外と知られていない閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)外来があることです。この病気は大いびきをしている人や呼吸が途中で止まってしまう人の外来になっています。家族は大変迷惑をこうむっているはずです。大いびきで日中眠くなったり集中力が低下して、居眠り運転による交通事故発生。それが原因で日常生活で様々な障害をきたす病気です。原因は空気の通りが狭くなるになることです。閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)の改善方法はCPAP(シーパック)持続陽圧呼吸療法が有効とされています。交通事故ばかりでなく夜間心臓突然死や脳梗塞、脳卒中などの可能性がたかくなります。家族の為にも早めに治療することで様々な症状を改善することが可能です。

大場内科クリニックでは、大いびきをかいたり途中で息が止まったりしてしまう症状の睡眠時無呼吸症候群の外来を設けています。この病気は居眠りなどで:交通事故を起こしたり、脳卒中や脳梗塞、心臓突然死などの可能性が大幅に高くなる病気です。症状の改善にはCPAP(シーパック)持続陽圧呼吸療法装置が有効です。

この記事をシェアする