この記事をシェアする

投稿日:2016年12月20日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。急な発熱が起きた時、どのような対処を行っていますか。どうせ風邪だろうと、額を冷やすだけの簡単な対処だけで様子を見ている方も多いのではないでしょうか。

発熱は早めの受診が吉!

確かに風邪による発熱だった場合、市販薬を服用すれば、2日から3日程度で治まるでしょう。
しかし、発熱が風邪によるものではなく、インフルエンザによるものだったらどうでしょうか。
インフルエンザによる発熱だった場合でも、1週間程度で治まると言われています。
ただ、インフルエンザは合併症を引き起こす可能性があります。
髄膜炎や肺炎といった思い症状を引き起こしてしまった場合、最悪死に至るケースもあるのです。
その為、発熱した場合に勝手に風邪だと判断するのは、非常に危険です。
発熱の診療をきちんと専門医で受診し、原因を突き止めるようにしましょう。原因が風邪なのか、インフルエンザなのかは、素人にはわかりません。
そこで、専門医の発熱の診療を受ける事で、原因を突き止め、より効率良く対処して行きましょう。

例え風邪の引き始めであっても、発熱の診療を受ける事で、その後の風邪の症状を軽くする事が出来ます。その為、発熱したなと感じたら、専門医の早めの受診を心がけましょう。

この記事をシェアする