この記事をシェアする

投稿日:2016年12月03日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。みなさんは閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)というものをご存知ですか?簡単に説明すると睡眠時に呼吸が止まってしまう病気のことです。気づかないうちに様々なリスクが生じている病気です。今回はどんな症状がでるのかご説明します。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(閉塞型SAS)

先ほど申し上げた睡眠時に呼吸が止まるというのが主な症状ですが、どうやったら気づくことができるのかについて解説していきます。
寝ている間のことなので自分ではわからないじゃない、と言われる方が多いのですが朝起きたときの状態でも気づくことができます。
○口が渇いている。
○熟睡間がない。
○頭が痛い、ズキズキする。
といったところや日中の。
○強い眠気がある。
○集中力が続かない。
○いつも倦怠感がある。
といったことにあてはまる方は要注意かもしれません。
ほかにはご家族の方に。
○いびきがうるさかったり、途中で止まって乱れる。
○むせている。
といった指摘をうけて気づかれる方もいらっしゃいます。
もしかしたらと思ったら、早めの診療が大切です。
寝ている間の気づきにくい部分のことなので、ひどくなる前に行動することが重要です。

自分の睡眠についての理解を深めた上で、複数ある治療法からもっとも自分に適したものを選ぶことが大切になってきます。自分の体のためにも早め早めの受診を心がけましょう。

この記事をシェアする