この記事をシェアする

投稿日:2016年11月27日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。肺や気管などのいわゆる呼吸器は、日常生活における呼吸という重要な動作をサポートしています。そのため、呼吸器に異常が起こる前に早期発見することが大切です。

早期発見や早期治療、日頃の予防を大切に

呼吸器疾患の初期症状や違和感というのは、呼吸の動作を通じて現れることがほとんどであるため、自覚しやすいという特徴を有します。しかし、その一方で病状の進行が早い場合も多いため、自覚症状を確認にして医療機関で検査する頃には、病状がある程度進行してしまっていることがあります。呼吸器疾患は日常生活を著しく阻害するため、病状が進行する前に早期発見することが大切です。
そこで、特に呼吸器科のかかりつけ医がいると非常に安心です。年に何度かの定期検診はもちろんのこと、少しでも違和感を感じる場合には気軽に相談することが可能です。また、呼吸器を健康に保つために心掛けることや、自宅でできるセルフチェックの方法など、様々なアドバイスをもらっておくと、より安心することが出来るでしょう。

呼吸器疾患は、呼吸器そのものの異常だけでなく、別の疾患を誘発している、あるいは別の疾患から誘発されている場合などもあります。そういった点においても、早期発見を心掛けるようにしましょう。

この記事をシェアする