この記事をシェアする

投稿日:2016年11月25日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。当クリニックでは一般診療の他に健康診断を行っており、血液検査を希望しない場合には予約なしで直接来院をすることができます。事業所向けとしては雇入、定期健診などの健康診断を行っており、希望によって健診に含まれていない検査も選ぶことができます。

ウィルス抗体価検査の健診項目の内容

当クリニックでは労働安全衛生法に定められた雇入時健康診断を行っており、この診断は事業所にとっても就業前に行う必要のある大切な検査になります。ここでは、最も多い内容としては16項目の検査がありますが、他に、個別の検査も設けており、その1つとしてウィルス抗体価検査の健診項目があります。
ウィルス抗体価検査の健診項目は一つの検査につき3,240円の費用がかかり、内容には、麻疹抗体価、風疹抗体価、流行性耳下腺炎(ムンプス・おたふくかぜ)抗体価、水痘・帯状疱疹ヘルペス抗体価の4つがあります。ウイルス抗体価は、ウイルス感染症に対する抵抗力の指標となるために、個人のみならず事業所にとっては大切な数値となります。当クリニックでは抗体価が基準に満たない人のために各予防接種の案内をしています。

当クリニックが別途として設けるウィルス抗体価検査の健診項目は、大切な検査の1つになります。仮に抗体価が低い場合には、感染をすることで事業所全体にも影響が出てしまう可能性があり、対応策として、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎ワクチンを用意しています。

この記事をシェアする