この記事をシェアする

こんにちは、大場内科クリニックです。胸には心臓や肺、大血管など重要な臓器や器官がひしめき合うようにして、肋骨で保護されています。胸痛はこれらの器官に何らかの病気が存在している兆候の場合があります。

相模原市中央区で胸が痛い息苦しい症状の原因を検査する

胸痛には様々な原因があり得る。

胸痛はなじみが少ない症状ですが、肋間神経痛や筋肉痛などで痛みを自覚することは少なくないので、胸痛を覚えながらも案外日常的に見過ごされている可能性もあります。しかし心筋梗塞は強烈な胸を痛みを覚えることが有名なことからもわかるように、胸痛は決して軽視してはいけない症状と言えます。胸の中の臓器や血管はいずれも生命の維持に直結する役割を果たしているからです。
もちろん強烈な痛みに襲われれば、只事ではないと緊急外来や救急車を利用することになりますが、さほど強くなくても慢性的に痛みが出たり、短時間であっても強い痛みに襲われるなど明らかに慢性病の存在が窺われる場合もあることから、胸痛の診療についても早めの受診を心がけることが必要です。重篤な病気であっても、早期に治療を開始すれば重症化を防止することも可能です。

胸は解剖学的に生命維持に不可欠な機能が集中しています。その場所に痛みが出る場合には常に何らかの病気の存在を配慮する必要があります。胸の異変を感じたら、躊躇せず胸痛の診療を受けるようにしましょう。

この記事をシェアする