この記事をシェアする

投稿日:2016年10月29日|カテゴリ: ,

こんにちは、大場内科クリニックです。糖尿病は血中のブドウ糖が下がらず血糖値が高い状態が続く病気です。遺伝的な要素もありますが生活習慣の乱れによって引き起こされる事が多いものです。

生活習慣病が引き起こす糖尿病の恐ろしさ

糖尿病で血糖値が高くても自覚症状が無いうちは、放置する方も多いですが恐ろしいのは合併症で、高血圧や脂質異常症などが起き動脈硬化を引き起こす疾患の発症リスクが高くなります。生活習慣病と糖尿病は深い繋がりがあり生活習慣を見直す事から、糖尿病の予防や改善を行います。重要なのは食事内容で炭水化物や糖質の摂取が多ければインスリンの効力も薄れ、それが習慣化すれば常に血糖値が高い状態になります。更に間食でもお菓子やジュースを日常的に摂取すれば確実に悪化していきます。また、落ちにくい血糖値を更に悪化させるのに運動不足があります。身体を動かすには、血中のブドウ糖を優先的にエネルギーとして使います。運動習慣を身に付ければ血糖値が下がりやすい体になる事になります。生活習慣病と糖尿病は密接に関わるので生活の見直しが重要となります。

糖尿病は様々な症状が発症する前に、早めの診療を行い早期に治療や対策を行う事が最も大切な事です。血液検査で簡単に調べる事が出来る為、定期的な検診を行い体の状態を知る必要があります。

 
相模原市糖尿病内科クリニック



【糖尿病 関連記事】
糖尿病とはどんな病気?治療や検査を簡単にわかりやすく【まとめ】
糖尿病の食事療法「炭水化物・糖質制限ダイエット」
HbA1cとはどんな検査?基準値や正常値-糖尿病の診断・治療目標
運動療法で糖尿病が改善出来るのか?〜運動と糖尿病〜
糖尿病のインスリン注射いつから誰がうつ必要があるのか?やめられる?
糖尿病の血糖測定はいつ・なぜするの?いくつならOK?
糖尿病の症状チェックリスト-初期症状~末期症状-
糖尿病の検査や治療にかかる費用は?初診と再診の違い

この記事をシェアする