この記事をシェアする

こんにちは、大場内科クリニックです。数ある体の部位の中で、特に胸の周辺の痛みというのは、重大な病気のサインとなっている場合が多いです。そのため、痛みの程度に限らず胸痛が自覚できる場合には、早めの受診が重要です。

相模原市中央区で胸が痛い息苦しい症状の原因を検査する

早めの受診が命を救うことになります

胸痛は、様々なことが原因として考えられます。たとえば、ストレスや生活習慣の乱れなどから引き起こる場合もあれば、何らかの重大な病気が引き起こしている可能性もあります。また、一回の胸痛の診療では原因を特定できない場合も多く、たとえば肋間神経痛では骨や筋肉、臓器に異常が見られるわけではないため、その特定が困難となります。したがって、胸痛の診療が複数回に及ぶ可能性があることも考慮すると、やはり痛みを感じたら早めの受診をすることが大切といえます。
胸痛の原因が、大動脈解離や臓器の異常などの場合、それこそ一刻を争うことになるため、早めの受診が命を救うことに繋がります。完治を早めることや、再発のリスクを減らすためなどの理由からも、胸痛の診療を早めに受ける大切さを説明することができます。

胸痛は普段からなかなか体験できるものではないため、いざ痛みを感じたときに受診するかどうか迷いやすいです。しかし、少しでも早く受診することが、自身の健康や命に大きな影響を与えるということを心掛けておきましょう。

この記事をシェアする