この記事をシェアする

投稿日:2016年12月31日|カテゴリ:

こんにちは、大場内科クリニックです。のどの痛み、というと、風邪の流行る冬のものというイメージをお持ちかもしれませんが、一年中起こりうる症状です。風邪が原因でない場合もあるので要注意です。

風邪だけではない、のどの痛みの原因

のどの痛みは、風邪が原因のものだけではありません。
扁桃腺が咽頭が炎症を起こしていても痛みを感じますし、咽頭がんや破傷風など、放っておくと大変な、のどに関わる病気が原因で痛みを感じることがあります。
がんや破傷風なら、早期発見・早期治療が必要ですし、のどが腫れると気道が狭くなってしまい、ひどい場合には呼吸困難になってしまうこともあります。呼吸が苦しいなどの症状がある時には、早急な受診が必要です。のどの病気は、生命の危機にかかわる場合もあるのです。
普段は感じない痛みを感じたり、少しでも違和感を感じる時には、のどの痛みの診療を受けることが大切です。「こんな症状で行っていいのかな」と感じられるかもしれませんが、このような時にも気兼ね無く受診できるかかりつけをつくっておくことをおすすめします。

のどの痛みは「風邪のひき始めかな」と放っておかれがちな症状ですが、このように重大な病気のサインという場合もあります。少しでも異変を感じたら、のどの痛みの診療を受けてみてはいかがでしょうか。早めの受診が、健康の鍵です。

この記事をシェアする