メタボリックシンドロームの予防と治療

メタボリックシンドロームの予防と治療とは?

肥満、脂質異常症、高血圧や糖尿病など生活習慣病に関して、患者様の日々の健康管理をサポートし、患者様が心筋梗塞や脳卒中にならないようにする外来です。
周りの方で、すでに治療に取り組んでいる方はいますでしょうか?

将来、心筋梗塞や脳卒中にならずに、より健康に過ごせるとしたら…
大切な時間をどのように使えば、より幸せでしょうか?
ご家族との旅行の行き先はどこにしましょうか?
美味しいお食事を頂いたり、お買い物はどこに行かれますか?
趣味を続けられて、お知り合いが増えていきます。

どういった方が対象になりますか?

肥満ではなくても、脂質異常症、高血圧や糖尿病などの生活習慣病をお持ちで、心筋梗塞や脳卒中などの心血管障害を予防したいと考えている方も受診可能です。

健康診断の異常が見つかり、継続して受診される方もおります。

メタボリックシンドロームの診断基準(下記参照)に当てはまる方についても、もちろん受診可能です。

外来で行うこと

  • 身体測定 - 体重、腹囲
  • 当院スタッフによるカウンセリング - 家庭血圧、食事、運動、お薬、ストレス
  • 血圧/脈拍測定
  • 血液・尿検査 - 定期的な検査で安心を積み上げます
  • 医師による診察 - 次回外来までの方針をご提案します
  • その他精密検査 - 頸部超音波検査、心電図、血圧脈波検査

※ご相談頂けます

保険証を使って受診できますか?

保険診療の範囲内

予約は必要ですか?

予約は必要ありません。

はじめて受診するのですが?

  • 可能であれば最近の健康診断の結果をご持参ください(なくても全く構いません)。
  • 受付で「メタボリックシンドローム外来」もしくは「メタボ外来」受診希望とお伝えください。
  • すでに当院に通院されている方でも受診できます。

=メタボリックシンドローム=

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の過剰な蓄積(肥満)を背景として、脂質異常症、高血圧、糖尿病などが発症し、心筋梗塞や脳卒中などの心血管障害の危険性が高い状態にあるということです。

メタボリックシンドロームの診断基準

腹腔内脂肪容積

ウエスト周囲径 男性 ≧ 85cm 女性 ≧ 90cm
上記に加えて下記のうち2項目以上

脂質値

高トリグリセライド血症 ≧ 150mg/dl
かつ/または
低HDLコレステロール血症<40mg/dl

血圧値

収縮期血圧 ≧ 130mmHg
かつ/または
拡張期血圧 ≧ 85mmHg

血糖値

空腹時高血糖 ≧ 110mg/dl